司法書士試験

OLだった私が司法書士試験に合格するまで

はじめまして。
yuuri(ゆうり)と申します。

簡単に自己紹介させて下さい。

大学卒業後、一般職OLになる。「資格を取ろう!」と決意し、兼業4ヶ月で行政書士合格、専業7ヶ月で司法書士合格を果たす。現在はアラサーの専業主婦。新たな目標に向けて英語の勉強中。

今回は私が司法書士に合格するまでの経緯このブログについてお話ししようと思います。

きっかけは「人生を変えたかった」

私が「人生を変えたいな」と考え始めたのは、社会人となって数年が経ち転職や寿退社をする同期が出てきたときでした。キャリアなんて言葉を持ち出すことすら憚れるほど、仕事ができるタイプではない私。結婚どころか彼氏すらしばらくいない私。

日々の生活に特に不満はないものの、過ぎてゆく時間が私だけ無機質な気がしてならなかったのです。キラキラした毎日なんていらないから、毎晩眠りに就くときに今日も頑張った〜と思って寝たい。疲れ切って寝たい。子供みたいに。

そんなわけで資格を取ることにしたのです!!!!!(急だ)

なぜ司法書士?

そこそこの難易度があって働きながらでも取れそうな資格、ということでまずは行政書士試験合格を目指すことにしました。

大学は法学部ではなかったのですが、法律系の授業を受講した時に「法律って面白いな、かっこいいな」と思ったのも行政書士試験を目指す決め手でした。

行政書士試験について調べているうちに、同じ法律系の資格で更に難易度の高い司法書士試験があることを知り、最終的にはこれを目指そう!と思ったのです

当時の私は「なにか熱中できるもの、自分に自信が持てるもの」を探した結果資格試験の勉強に辿りついただけで、行政書士や司法書士がどんな仕事なのか全く知りませんでしたし、詳しく調べようともしませんでした。

そんな不純?な動機ながら私のOL兼受験生ライフは始まったのです!

合格にかかった期間は?

行政書士→独学4か月(兼業)

司法書士→独学7か月(専業)

行政書士試験の翌月、12月1日から司法書士試験の勉強を開始し、7か月後の司法書士試験に合格したのです!

行政書士と科目が重複するとはいえ、独学で7か月で合格することができました。

どんな勉強をしたの?

その勉強法をこのブログで詳しく書いていきたいと思います。

これは司法書士試験に限った話ではないのですが、合格には正しい勉強法密度の高い勉強時間という2つの要素を掛け合わせることが必要になります

正しい勉強法

私の行った勉強法が正しいかは分かりません。このやり方で勉強すればあなたも絶対合格できます!と保証することもできません。それでもこのブログを立ち上げてノウハウを公開したいと思いました。

必死に調べて、考えて、知人に協力してもらって、やっと生み出したプランを実行して独学7ヶ月で合格することができたんです。

これを人に役に立てなきゃもったいない!!

そんな思いでこのブログを始めました。

どのブログや本にも載っていないくらい、勉強法を丁寧に書いていこうと思います。その一部でも読者の方が参考にしてくれて合格してもらえたら、こんなに嬉しいことはありません。

密度の高い勉強時間

私の勉強法では、専業の場合で1日8時間しか勉強しません。それを7ヶ月間です。行政書士の勉強時間と合わせてもちょうど2000時間くらいです。

これは司法書士試験の勉強時間としてはかなり少ないと思います。

この勉強時間で合格できたのは、2000時間という勉強時間すべてが集中して取り組んだ時間だからです。

私はもともと病気を疑うレベルで集中力がなく、ゆえに仕事ができないOLでした。それを克服するためにビジネス書やネットで数多くの知識を得、実践しました。結局仕事に活かされることはなかったのですが笑、資格試験の勉強において大いに役立ったのです!

その知識も惜しむことなく公開していきます。こちらは他資格の受験生の方にも参考にしてもらえると思います♫

こんな私ですがどうぞよろしくお願いします♫

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA