勉強に集中する方法

働きながら勉強時間を確保できる!社会人のためのナイトルーティン

こんにちは。yuuriです。

仕事をしながら勉強をするのって大変ですよね。ヘトヘトになって帰ってきて、ご飯を食べてお風呂に入ったら、テキストを開く間も無く寝ちゃうなんてことも。

今回はそんな方に向けた「帰宅後の過ごし方」についての記事です。私が兼業受験生だった時に試してみて役に立った勉強法を紹介します。

帰宅後即勉強!の習慣があなたを救う

会社モードのまま勉強をしよう!

家に帰ったら、着替えずにそのまますぐ勉強に取り掛かります!ストッキングもネクタイもうっとおしいですよね。あえて我慢です。家モードのスイッチに切り替える前に勉強するのが目的です。

そして、自分のための勉強だと思うのはやめましょう。場所を変えて仕事しているつもりで強制的にやるのです。

あなたが帰宅して勉強しようかなと迷っているその瞬間、まだ会社で仕事をしている人がたっっくさんいます。だから自分もまだ残業中だと思って、仕事の代わりに勉強してみましょう。仕事だったらやれるんですから、勉強ができないはずがありません!

夕食はどうする?

帰宅してから夕食を食べる場合は、買ってくるかササっと作れるものにしましょう。

そして会社のデスクで夕食を食べるかの如く、机でテキストを開きながら食べます。もちろん授業を聴きながらでもokです。(勉強期間が長期になる場合は別です。その場合は健康を考えた食事を優先して下さい)

すべては習慣化のため

スパルタかよ!というツッコミが聞こえてきそうですが、私が実行していたスケジュールだと帰宅後に3時間勉強して、1時間自由時間があって、7時間眠るというなかなか贅沢な社会人スタディライフが送れます。

時間を削るために、着替えもせず食事を取りながら勉強するのではありません。意思に頼らず勉強する習慣をつけるために、このようなちょっとスパルタっぽい勉強法を実行するのです。

働きながら勉強するのはしんどいです。だからこそ歯を磨くように、やる気も苦痛も感じずに、自然と勉強する習慣をつけましょう!試行錯誤の結果、帰宅後即勉強するのが1番楽でした。最初はちょっと辛いのですが、慣れればこっちのもの。楽に、確実に、勉強時間を確保できます。

帰宅後のタイムスケジュール

働きながら毎日3時間勉強するためのルーティン

18:00 退社
19:00〜21:00 勉強(4ポモドーロ)
21:00〜22:00 お風呂・家事など
22:00〜23:00 勉強(2ポモドーロ)
23:00〜24:00 自由時間
24:00 就寝
7:00 起床

1日3時間の勉強時間を想定しています。

実際に私が行政書士の勉強をしていた時のスケジュールがこんな感じでした。ロングスリーパーなので兼業の時でも7時間の睡眠時間は確保していました。本当に損な体質です…。

睡眠時間が6時間でも大丈夫な人は、もう1時間勉強することができますよね。社会人で帰宅後に4時間も勉強時間を確保することができたら、どんな資格でも合格できると思います。

残業がある場合

こんなに早く帰宅できるわけない!という方は、帰宅後即勉強!の習慣だけ守るようにして勉強時間や睡眠時間は調節して下さい。

大切なのは習慣化することです。仮に資格試験のために残業の少ない会社に転職したとしても、勉強の習慣がついていなくては意味がありません。反対に、30分でも1時間でも働きながら勉強するという習慣さえついてしまえば、勉強時間を延ばすことは簡単です。

朝勉強のススメ

1時間程度の勉強時間を朝にずらしてもok。

オススメは朝のカフェ勉です。気分転換になりますし、早起きして勉強するという行為は自己肯定感を高めてくれます。朝の時間帯のカフェには、同じく勉強や読書をしている人がたくさんいるのでモチベーションアップにも。

会社近くのカフェを利用するようにすれば、早朝の電車に乗ることになるので満員電車を避けることもできますよね。お気に入りのカフェを見つけるという楽しみもできます。一杯数百円のコーヒーでいいとこずくめの朝活ができちゃうなんて、試さなきゃ損ですよ!

おわりに

記事は参考になったでしょうか?

兼業で頑張っている方からすると、専業が羨ましいと感じることもありますよね。でも兼業にしかないメリットもたっくさんあります。

環境は皆違いますが、自分にできる範囲のことを全力で頑張ることが大切だと思います。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA